カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

Feed





綾小路有則作品の一覧をみる



即出荷対応の一覧をみる



純金製品の一覧をみる

18金製品の一覧をみる



ヤフージャパン店のページをみる

純金製置物 花さかじいさん 光則作

型番 0249
販売価格 313,200円(税込)
購入数
仕 様本体:サイズ 高さ 3cm 幅 2cm 重量 約4g 材質 24金製
桜:サイズ 高さ 13.5cm 材質 純銀製
作 家光則 Mitsunori
付属品作家栞 ガラスケース:サイズ 高さ 22cm 幅 27cm 奥行 15cm
製造国日本




『 置物 花さかじいさんの純金製 』


花咲か爺(じじい)は、日本の民話の一つで、心優しい老夫婦と欲深い隣人夫婦が、不思議な力を持った犬をきっかけに、前者は幸福に後者は不幸になるという勧善懲悪(かんぜんちょうあく)の話です。

岐阜県にある山里に2組の老夫婦がいた。
1組は心優しい老夫婦で、その隣人は欲張りで乱暴な老夫婦であった。
優しい夫婦が傷ついた子犬を見つけて飼うことにし、わが子のように大切に育てる。
あるとき犬は、畑の土を掘りながら「ここ掘れワンワン」と鳴き始める。
驚いた老人が鍬で畑を掘ったところ、大判・小判が掘り出され、老夫婦は喜んで近所にも振る舞い物をする。
それをねたんだ隣の老夫婦は、無理やり犬を連れ去り、財宝を探させようと虐待する。
しかし、指し示した場所から出てきたのは、期待はずれのガラクタだったため、隣の老夫婦は激怒して犬を殺害し、飼い主夫婦にも悪態をついた。
わが子同然の犬を失って悲しみにくれる夫婦は、死んだ犬を引き取って庭に墓を作って埋め、雨風から犬の墓を守るため、傍らに木を植えた。
植えられた木は短い年月で大木に成長し、やがて夢に犬が現れてその木を伐り倒して臼を作るように助言する。
夫婦が助言どおりに臼(うす)を作り、それで餅を搗くと財宝があふれ出た。
それを知った老夫婦は再び難癖をつけて臼を借り受けるが、出てくるのは汚物ばかりだったため、激怒して斧で臼を打ち割って薪にして燃やしてしまう。
優しい老夫婦は灰を返してもらって大事に供養しようとするが、再び犬が夢に出てきて桜の枯れ木に灰を撒いてほしいと頼む。
その言葉に従ったところ花が満開になり、たまたま通りがかった大名が感動し、老爺をほめて褒美を与えた。
このときの台詞が「枯れ木に花を咲かせましょう」。
羨ましく思った隣の老夫婦がまねをするが、花が咲くどころか大名の目に灰が入ってしまい、隣の老夫婦は無礼をとがめられて罰を受ける。

木の上で、着物にも桜柄をあしらったおじいさんが満面の笑みでざるから灰をまき満開の桜を咲かせる情景を、数えきれない幸運を願って可愛く上品な置物にいたしました。

桜の花びらは、ピンクアクリルコーティング。
純度99.9%以上の純金製を証する品質保証として、造幣局の品位証明記号 『 ホールマーク 』 を刻印。



『 内閣総理大臣賞受賞 金工作家 光則作 』


本品は、数々の輝かしい受賞歴を誇る皇室献上作家としても著名な日本を代表する金工界の巨匠 光則(みつのり)が現代最高峰の卓越した精巧な技で表現した稀少性の高い純金の吉祥置物です。

1932年 富山県生まれ
1948年 銀器界の名門 早川徳太郎師の門に入る
1979年 第5回 日宝連全国統一新作コンクールにて 最高賞の内閣総理大臣賞を受賞
1990年 第125代 天皇陛下御即位の礼記念 『 純銀製 翔鶴 』 (献上 東京都) 謹製
1993年 皇太子御結婚記念 『 純銀製 双祥鶴 』 (献上 東京都) 謹製
1996年 黄綬褒章 受章
2004年 旭日双光章 受章

金工作家 光則は、全日本金銀創作展開催委員会の名誉会長であり、東京都内に世界の銀器館を開設し、各種文化財、美術品等の修復復元を多く手掛けるなど活躍は多岐に渡っています。

新築祝いや新居祝い、商売繁盛、開運と家運向上、繁栄と招福を願い、大切な方への記念品やお祝い品、新会社設立記念や海外向けギフトには、たいへん喜んでいただける特別なご贈答品の決定版です。

本品は、メーカー取り寄せ商品です。
メーカーに在庫がある場合、ご注文後お取り寄せさせていただき、最短7営業日以内での発送となります。

欠品や予約制等の在庫状況により、ご注文をいただいてから製作する場合は、お取り寄せにお時間を頂く場合もあり、お急ぎの場合はご注文前に納期をお問い合わせください。

格調高い特製ガラスケースに納めてお届けします。

型番 0249
販売価格 313,200円(税込)
購入数

この商品を買った人はこんな商品も買っています